生理痛をやわらげる食べ物、生理痛をひどくさせる食べ物

こんにちは。大阪市西区 肥後橋・淀屋橋近くの温活 エイジングケアサロンRattanの森本です。

毎月、重い生理痛やPMS(生理前症候群)に悩まされ、仕事や家事に影響がでるので1日目2日目までは薬を飲まないと不安・・・などというかたも多いのではないでしょうか。

もしかすると、そのひどい生理痛やPMSは食べ物が原因かも。

この記事では生理やPMSの原因になる「チラミン」「カフェイン」「リノール酸」、生理やPMSをやわらげる「DHA」「マグネシウム」が含まれる食材や働きについてご紹介していきます。

 

 

①チラミンが多く含まれる食材

・チョコレート

・ココア

・チーズやヨーグルト(乳製品)

・ワイン

・キムチ

 

などに含まれる「チラミン」という成分が入った食材は、血管を収縮させるため生理痛の悪化にも繋がります。
生理痛だけではなく生理前のPMS(生理前症候群)で、頭痛やだるさが出る人もチラミンの摂りすぎには気をつけてください。

 

②カフェイン

コーヒー・紅茶・緑茶・エナジードリンクなどにはカフェインが多く含まれます。

多少のカフェインは体に良い影響を与えますが、カフェインの摂りすぎは交換神経を優位にし体を冷やしてしまいます。

1日2~3杯ほどにし「ルイボスティー」や「たんぽぽコーヒー」など体を温めるようなノンカフェインの飲み物を摂ると体も温まりやすくなります。

一番のおすすめは水や白湯です。

 

③リノール酸

レトルト食品・スナック菓子・洋菓子・出来合いのお弁当やお惣菜

リノール酸は一般的な植物油の主成分になります。安くて保存がきくために多くの加工食品に使われています。植物油の摂りすぎが生理痛の痛みの元になる「プロスタグランジンE2」が過剰につくられ生理痛がきつくなります。

重い生理痛に悩まされている人は、リノール酸の摂りすぎには気をつけてください。

 

 生理痛やPMS(生理前症候)をやわらげる食べ物

①EPA(魚の油)・しそ油・亜麻仁油

逆に生理痛やPMSを和らげるには善玉の油をとることで、痛み成分を抑制してくれます。

さきほど悪い油に上げた植物油のリノール酸は、子宮を収縮させるプロスタグランジンが過剰につくられ生理痛の原因になります。

逆に、EPAを多く含む「魚の油」やα-リノレン酸を多く含む「しそ油」「亜麻仁油」などに質の高い油は、血液をサラサラにして血行を促進し子宮の収縮を抑えるので生理痛をやわらげる働きがあります。

EPA(エイコサペンタエン酸)は主にサバやイワシやマグロなどの青魚に多く含まれる油です。料理をするときはお造りや煮つけなど魚の油がまるまる取れる調理がおすすめです。

 

②マグネシウム

あさお・ワカメ・ひじき・ゴマ・納豆・アーモンドなど

マグネシウムを摂取することで、頭痛や甘い物を欲する気持ち、乳房の張りや痛み、筋肉の緊張などを和らげてくれます。

マグネシウムは月経がある女性の平均摂取量は推奨量の7割程度だといわれています。マグネシウムは便通もよくなりますので、生理前の便秘に悩まされる人にもおすすめです。

 

冷えを放置していても生理痛はひどくなる

 

どんなに生理痛を緩和させる食べ物を食べていても、お風呂に浸かっていなかったり、体が冷える服装を常にしていると体が冷えて血行が悪くなり生理痛がひどくなります。

体が冷えると骨盤内の血液が滞るり筋肉が収縮され痛み物質でもあるプロスタグランジンがつくれられ生理痛を引き起こします。

日頃から体を冷やさないようにし、生理前や生理中は特に下腹部辺りを温めたりお尻の割れ目の上にある三角形の骨(仙骨)を温めてあげると骨盤全体が温まり生理痛の緩和になります。

温めても食事を改善してもなかかな生理痛が改善されないとお悩みの方は、温熱トリートメントで足元から骨盤周り筋肉をゆるめてもらうと血流がよくなりお悩みの改善も早くなります。

 

まとめ

 

甘い物が止められない、乳製品が大好きという多くのお客様が、生理痛がきつく悩まされいるように接客していて思います。

そのようなお客様も体を冷やさないようにし食生活にも気をつけてもらうと生理痛・PMSが緩和されたという嬉しいお声もよくいただきます。

つらい時はもちろん病院に行ったりお薬も上手に取りいれていただきたいと思いますが、食生活や生活習慣を見直していくと生理痛・PMSの改善に期待できますので、できることから少しずつ取り入れるようにしてくださいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

温活エイジングサロンRattanは、完全ご予約のプライベートサロンになりますので他のお客様を気にすることなくご来店中ゆっくりとおくつろぎいただけます。

お電話でのお問い合わせは施術中は繋がりにくい場合がございますので、LINEでお問い合わせいただいたり、予約フォームからご予約をいただけますと幸いです。

ご質問やラインからのご予約はこちら

ネット予約はこちらから

 

【温活サロンRattan】

森本 裕美 ラタン

20代から35℃台の低体温とひどい肌荒れに悩まされ自分の悩みを改善したという思いから化粧品・エステに10年勤務。そこで「健康の先にしか美はない」という事を学び、自分の低体温が肌荒れに大きく関係していたことを知りました。温熱療法に出会い16年、肌荒れや生理痛、頻繁におこっていた頭痛も改善され現在は多くの女性に温熱療法をもっと知ってもらいたいという思いから2017年大阪/肥後橋に「温活サロンRattan」をオープンしました。私と同じように冷えからくる様々なお悩みを抱えている女性が、温熱に出会いみるみる健康にそして美しくなられる姿を拝見さえていただくと自分事のように嬉しく感じております。まだまだ知名度が低い温熱トリートメントですが、冷えを取りぞき血流をよくすることが肌・髪・見た目へのエイジングケアにも繋がりますので今後も多くの女性にお伝えしていけるよう努めて参ります。

【取得資格】日本サーモセラピスト協会 サーモセラピスト、エステ国際ライセンスINFA ゴールドマスター、ハーバルピールPROGRAM JAPAN                         

 

 

関連記事

  1. 疲労回復・代謝アップに大人気!天然塩化マグネシウムバスソルト…

  2. 夏冷え対策!暑い寒いを繰り返す夏の冷え性

  3. お風呂に浸かっても”肩・首コリ”が解消されないとお悩みの方へ…

  4. 【冷え性・むくみ・女性特有のお悩み】に効果的な足ツボ2選

  5. 【冷え性】になりやすい人の特徴4選